wifiをレンタルするときには注意すべきことがあります

入院生活など時間がある時にwifiをレンタルして、通信制限にならないようにしたい方は多くいます。そこでwifiにおいて気を付けなければならない事を説明しておきます。もちろん有線で繋ぐ必要もなく便利なwifiですが、入院中に利用したいとなると、病院によっては待ち合いなどでは使えなく病室でも個室以外は利用できなかったりする事もあるので、事前に確認してからレンタルするようにしましょう。更に病院内で利用する場合にもう一つ気を付けなくてはならないのが、建物が頑丈なので電波が届かない可能性があるという点です。窓のある部屋で窓側のベッドが利用できればいいですが、そうではない場合はレンタルしても使えないという事が起きる可能性はあります。そういった時はレンタル期間短縮も可能です。

wifiをレンタルする会社によって通信制限がある

入院中に利用する方で、仕事などのメール受信や情報やり取り程度なら、通信無制限のレベルまで求める必要はありませんが、動画などを見たいと思っている方は特に通信制限に注意しなくてはなりません。wifiをレンタルする会社によって料金も変わってきますが、それと同時に使用できる通信量も変わってきます。1日500円以内の会社だと通信量は月に10GBまでだったり、1日500円を少し超えるところだと月に30GBに増えたりと違いますし、通信無制限で利用したいのなら1日の料金は750円から1,000円ほどになりますが、その分制限がないので動画も見放題になります。また、いくら通信無制限でも電波の状況があまり良くない会社もありますので、使い放題という項目だけで決めてしまうのはおすすめできません。比較サイトなどでその会社の評判などはチェックしてからにするべきです。

レンタル期間とバッテリーの持ち時間

そこまで確認した後wifiのレンタルで必要な事項としては通信速度の違いです。大体ほとんどの会社でLTEという回線を利用しているので、問題はないでしょうが独自の回線を使用している会社などもあるので注意して下さい。更にレンタル期間もよく確認しなくてはなりません。レンタル期間の考え方ですが、開始日というのはwifiを使用者が受け取った人なり共通なのですが、レンタルの終了日は「ポストに返却した日」となる会社と「返却された日」となる会社もありますので、併せて注意するようにしましょう。最後にwifi機器のバッテリー持ち時間ですが、これは携帯電話やスマートフォンと同じで機種によって違います。そしてバッテリーというのは劣化していくものなので、必ずしも表記されている持ち時間通りにならない事もあるのは承知した上でレンタルするようにして下さい。