wifiのレンタルが可能な会社のサービスの特徴

仕事や旅行目的で海外に行くなら、ポケットwifiを持っていくのがおすすめです。海外では言葉が通じませんので、インターネットにつなげる環境があるのと無いのとでは大きな違いがあります。最近の携帯電話は購入した時に特に設定をしないでも海外で使えるようになっているものが多いですが、日本国内にいるのと同じ感覚で通話をしてしまうと、後から高額の請求が来てしまうことがあります。そのため、海外でも適応できるインターネット環境を揃えておくことがポイントとなります。海外でインターネットを利用できるための方法は、デザリング、現地のwifiを利用、ポケットwifiのレンタルという3つの方法があります。この3つの中でも最も便利なのがポケットwifiのレンタルですので、その仕組みやメリットデメリットを解説します。

レンタルのポケットwifiの仕組み

海外でインターネットを利用する方法のうち、テザリングはスマホを通してタブレットやPCを使う機能です。普段使っているスマホを海外にそのまま持参できるため、荷物が少なくwifiをレンタルする必要がありません。しかし、スマホの充電が切れて大容量のデータ送信で通信量の制限にかかることがあります。海外のwifiスポットをあらかじめ調べておいて利用する方法もありますが、wifiスポットが無かったり少なかったりする場合もありますし、接続が不安定な場合もあります。ポケットwifiをレンタルする場合は、通信が安定していることに加え、契約プランを選べば容量が無制限ですので、安心して利用することが可能です。現地のwifiスポットのように使える場所が限定されていませんので、いつでもインターネットに接続できます。

ポケットwifiをレンタルする時に知っておきたいこと

ポケットwifiは通信料金が安く済み、通信速度が安定しており、セキュリティ面でも安心できるメリットがあります。また、1台のポケットwifiで複数台の端末が利用できる点も便利です。一方、デメリットとしてスマホやタブレット以外にポケットwifiを持参する必要がある点とレンタルした場合は使っても使わなくても借りた日から返す日までレンタル料金がかかる点があります。海外で利用するポケットwifiをレンタルする方法としては、自宅に郵送してもらう方法と空港のカウンターで受け取る方法があります。ポケットwifiを選ぶ時には、渡航先や料金、サービス内容、通信速度や容量などがチェックポイントとなります。wifiのレンタルを行っている会社のサービスを比較するサイトなどもありますので、参考にして選ぶと良いです。