レンタルできるwifi機器の注目ポイント

wifi器機をレンタルする時に注目するべきポイントは、電波エリアが広範囲のものか、速度制限がないものか、のどちらかになるケースが多いです。例えば、それ程ネットは使わないので山奥でも使えるようにしたい、といった悩みであれば電波エリアを重視してレンタルすることが可能です。また、大都市でしか使用しないけど速度制限はなしにしてほしいという悩みであれば、速度制限なしのwifiを借りることをおすすめします。現在では、wifi器機も発達してきており、色々な特徴が挙げられています。例えば、映像や動画をストレスなく閲覧したい、最速ネットの回線を使用したい、建物に強いルーターを使いたい、こういった多くの悩みに対しても解決してくれるwifiルーターが存在しているので、レンタルする際にはご自身が何に悩まれているのかを把握した上でレンタルしてみるといいでしょう。

wifiレンタル時に気を付けておくこととは

レンタルするwifi器機によって使用できる地域が異なっており、使用可能なエリアであるかどうかは、レンタルする前に担当者や公式HPにて調べておく必要があります。大都市で使う場合はエリア外ということは無いですが、対応エリア外では全く意味をなさないので注意して下さい。他にはwifi器機によって通信料が違うので、レンタル中にどれほどの通信料を使用するのか考えてからwifi器機を選択しましょう。「無制限」と記載されたwifi器機がありますが、実際には月に使える制限はないが、「3日に1GBを超えてしまうと制限がかかる」、「短期間で大量通信データが使われた場合は停止」といったルールがあり、無制限ではない場合が多いのでしっかりと内容を確認してからレンタルすることで、海外でのトラブルを防ぐことができます。

海外行くときもwifiをレンタルしよう

国内だけでなくwifiレンタルは海外旅行に行く際にも今では必需品となりました。海外wifiレンタルサービスもあります。レンタルするメリットとして、接続するだけで電波があるところはwifiを繋げることができ、1台のwifiルーターを複数人で使用することができます。そして日本でwifi器機を予約して日本で返すことができるのも、お手軽で分かりやすいです。デメリットとしては、wifiルーターを常に携帯している必要があることや、通信容量が決められており、それを超えてしまえば低速になってしまうことです。1日ほとんどネットを使わなくても困らない人には必要ないですが、携帯で情報を調べたい、海外現地でメールを送りたい、といった方には必須アイテムになるので、レンタルする際は必ず情報を確認してからレンタルするようにしましょう。